自分はアレルギーではない!と思っているアナタ、実は自覚症状がないだけかも?そのまま放っておくと後から大変な事になりますよ!そうならない為にも出来るだけ早めの診断と改善をしておきましょう。

記事一覧

造影剤アレルギーと草花粉症の関係

 造影剤アレルギーは、気管支喘息になったことのある人などに起こりやすく、過去に造影剤でアレルギー症状が出た人と同様、原則として用いることはできません。しかし、命に関わるような重症の心筋梗塞などの場合は、ヨードテストをおこなったり、ステロイドを造影剤の使用前に注射するなどして、使用することもあります。アレルギー症状が出る確率は、軽度な症状なら3%で、重篤な症状は0.04%、非常に重篤な症状は0.004%とされています。
 症状は、じんましんや発疹、気道の閉塞などさまざまです。最も懸念されるのが、アナフィラキシーショックで、気道が塞がれ、呼吸困難が起きる状況です。症状は造影剤使用後、短時間で現れますが、稀に1、2時間後から数日後に現れる場合もあります。
 救命救急の場で、造影剤を使用する必要がある場合は、ステロイドの点滴をおこないながら、やむを得ず使うようですが、大事に至ることはほとんどないようです。アレルギー体質の人は注意が必要ですが、樹木や草の花粉症程度のアレルギーであれば、問題はなさそうです。気管支喘息の人はかなり気をつける必要がありますので、救命救急の場以外では、事前に医師とよく相談することです。
 こうした緊急の場で、ステロイドがうまく作用するようにしておくためにも、普段、ステロイドを使わなければならないような事態に陥らないよう、注意して暮らすことが大事です。アレルゲンを極力避け、アレルギー体質を改善できそうな対策を十分とっておきましょう。対策をとらず、悪化させて安易にステロイドに頼りきりの日々を送っていると、だんだんステロイドの効き目が薄れ、より強いステロイド剤に頼らなくてはならなくなります。

続きを読む

子供の香辛料アレルギーの対策方法

アレルギーというものは人によって違いがありますし、食べ物によって発症してしまったりと、しっかりと考えていかなければならないものです。そして自分の子供にもアレルギーがあり、それが香辛料が関係するものであれば、その対策方法について知っておかれるといいでしょう。まず香辛料の含まれる食べ物としてはカレーなどのインド料理がメインとなります。このアレルギーが発症すると全身あるいは体の一部に赤みやほてり、発疹などの皮膚症状であったり頭痛や吐き気などの症状が起こる可能性があります。そしてひどい場合にはアナフィラキシー症状を引き起こすことにつながり、生死が関わる問題に発展することもあります。そしてその対策方法としては、成分表の確認を行っていくことが必要です。商品パッケージの裏には詳細に成分が表記されています。そのためそこに香辛料が含まれていないかしっかりと確認していかれるといいでしょう。また子供が乳幼児であるのなら、授乳を行う母親も香辛料を体に取り入れないように気をつける必要があります。消化された香辛料は、栄養として体中に行き渡ります。そのため母乳にもその成分が含まれてしまう可能性がありますので、母乳を与える期間はしっかりと対策しておきましょう。ついうっかりということは必ず防いでいかなければなりませんので、日常的に意識していく必要があります。香辛料アレルギーに関して行える対策は以上のようなものが挙げられます。特に子供のことを考えるのであれば、アレルギーの管理を行っていくと同時に、子供にも言い聞かせていく必要があります。好奇心の旺盛な子供であれば、誤って口に入れてしまう可能性もありますので、手の届かない場所に置いておくことも必要なことではないでしょうか。

続きを読む

ゼラチンもアレルゲン、アレルギー体質用の醤油利用も

 アレルギー体質だと、食品を選ぶのもたいへんですが、最近は理解も進んできて、アレルゲンとなる可能性が高い27品目の食品には表示が義務づけられ、選びやすくなっています。27品目のなかにはゼラチンも含まれています。ゼラチンはデトックス効果が高く、栄養豊富な食品であるため人気がありますが、アレルギーを引き起こしやすい食品でもあります。食べて異常を感じたら、速やかに摂取を止め、医師に相談することです。
 27品目の中には、大豆と小麦も含まれています。日本人の食卓に欠かせない醤油には、大豆と小麦が使用されていることが多いため、これらにアレルギーを持つ場合は、アレルギー対応醤油を使うことになります。大豆も小麦も一切使わずにつくった醤油です。種類としては、あわしょうゆやひえしょうゆ、きびしょうゆ、米しょうゆなどがあります。アミノ酸が少ないため、普通の醤油のような風味を感じることはなかなか難しいでしょうが、どれも商品名の穀物と塩だけでつくられています。アレルギー症状が出る心配はなく、安心して摂取できます。
 こうした商品が販売されているということは、それだけアレルギー体質の人が多いということです。アレルギー体質の人が増えた理由はさまざまに推測されていますが、やはりまずおこなうべきことは、アレルゲンを避け、症状が起きないようにすることです。症状が出てしまうと、元に戻すのはたいへんです。IgE抗体値は上がり、そうやすやすとは下がりません。悪化させないだけでも、たいへんな苦労をすることも多いのです。そうした中では体質改善どころではなく、ステロイドのような強い薬を使わなければならない事態にもなりかねません。アレルゲンを避けるのは、急務です。

続きを読む

コンタックの成分はアレルギー性鼻炎や皮膚掻痒症にも

 コンタックの成分であるセチリジン塩酸塩は、アレルギー性鼻炎にも皮膚掻痒症にも効果があります。他に、じんましんや湿疹の治療にも用いられる成分です。
 コンタックの鼻炎Zは、就寝前に1度飲むだけで、その後1日中効果が続くため、安眠できますし、朝の目ざめも快適になるとされています。花粉症の季節が終わると、皮膚炎が始まるケースもありますので、アレルギー体質の人が幅広く使える錠剤となっているようです。
 同じ成分が、アレルギー性鼻炎にも皮膚症状にも効くということは、アレルギー性鼻炎も皮膚症状も、同じような原因で起こっているということになります。アレルギーを引き起こすのは花粉だったり、ハウスダストだったり、季節によってさまざまでしょうが、体内で起きている反応が似ていて、それをいかに食い止めるか、ということでしょう。アレルギー反応が起きるのを抑えることは、現代医学をもってしても非常に難しく、根本治療の方法はまだ確立されていません。ステロイドを使えば、劇的な効果が得られはしますが、非常に強力な薬であり、緊急事態用と割り切って使用する側面がありますから、継続使用は避けるべきものです。安易に平素から頼り続けると、効果が出にくくなり、さらに強いステロイド剤を使う必要が生じ、それがどんどんエスカレートしていくことにもなりかねません。
 それを回避する意味からも、コンタックに使われているセチリジン塩酸塩のような成分が使えるようになっているのは有益なことです。こうした副作用の少ない薬を日常的に使用し、症状が悪化するのを抑え、ステロイドなしでもやり過ごせるように訓練しておくことが大事です。鼻炎も皮膚炎も、悪化させると元に戻すのは非常にたいへんです。

続きを読む

抗アレルギー薬塩酸セチリジンを使う治療方法

 抗アレルギー薬として用いられる塩酸セチリジンは、抗ヒスタミン薬で、副作用が少ないため、しばしば治療に使われます。アレルギー性疾患の症状を引き起こすヒスタミンの働きを抑える薬で、アレルギー性鼻炎やじんましん、湿疹、皮膚瘙痒症に伴うかゆみなどの治療に使用します。商品名としてはジルテックなどが有名です。副作用は比較的少ない薬ですが、時にはアナフィラキシーのような症状、痙攣、肝機能障害、黄疸、血小板減少などが見られることもあります。眠気や口の渇き、吐き気、嘔吐、下痢、尿潜血、尿蛋白、頻尿、肝炎、頭痛、めまい、味覚異常などが起こることもありますので、そうした症状があったら使用を中止し、医師の指示に従うことです。
 ジルテックはアレルギー症状に悩む患者にとっては、かなり有効な薬です。アレルギー症状が重篤で、悪化の一途をたどっているような状況のときは、効き目が穏やかなこの薬よりも、ステロイドを使用するほうが適切と言えますが、症状の進行が抑えられ、一段落したあとは、ステロイドの使用は徐々に減らしていき、抗アレルギー薬を長期服用して体質改善を図る方法が用いられます。ステロイドは急性期には非常に効果が高い薬ですが、劇薬という側面もあるため、長期使用は避けるべきだからです。ステロイドの強力な作用でかろうじて抑えてある症状を逆戻りさせないためには、高アレルギー剤を欠かすことなく補給し、アレルギー症状を抑えていかなくてはなりません。ジルテックに代表されるこの薬の副作用は、ステロイドと比較するとそれほど深刻なものではないため、長期服用してもそれほど悪影響は及ぼしません。薬の効き方は穏やかな分、安心して長期服用し、体質改善していけます。

続きを読む